So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年3月。 [つれづれ]

やっと3月が終わる~っ!
今月、忙しかった。

続き。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

運命。 [観劇]

これは運命、としかいいようのない体験でした。
跡付けかもしれませんが 笑。

続き。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

気になったものたち 17。 [限定モノ]

このシリーズ、サイクルが早すぎるっ! 笑。

続き。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「きみがいた時間ぼくのいく時間」「フォーゲット・ミー・ノット」 [観劇]

演劇集団キャラメルボックス2016ダブルチャレンジ
「きみがいた時間ぼくのいく時間」「フォーゲット・ミー・ノット」
2016.2.20~2016.2.24 @サンケイホールブリーゼ
2016.3.11~2016.3.27 @サンシャイン劇場
http://www.caramelbox.com/stage/double2016/
caramel.jpg


「きみがいた時間ぼくのいく時間」~STORY~公式HPより
2008年1月、住島重工の研究員・秋沢里志は、海外派遣留学を終えて5年ぶりにニューヨークから帰国する。
空港で待っていたのは、5年前に別れたはずの恋人・紘未だった。
自分の帰りを待ち続けていた紘未に、里志は激しく心を動かされる。
一方、里志は住島重工の子会社P・フレックで、新しい機械の開発に携わることになる。
それは、物質を39年前の過去に送り出す機械クロノス・スパイラルだった。
最初の実験の日、里志のもとに電話がかかってくる。
紘未がトラックに撥ねられ、病院に運ばれた…。


「フォーゲット・ミー・ノット」~STORY~公式HPより
1970年4月、小学6年の吉野てるみは、母の節子が運転する車で帰宅する途中、事故に遭う。
男が突然、車の前に飛び出してきたのだ。
急いで男を病院に運ぶが、彼は記憶を失っていた。
彼の持ち物を調べると、P・フレックという会社の社員証が見つかる。
そこに記された名前は、春山恵太。
節子は春山に、記憶が戻るまで自分の家に住めと言う。
しかし、春山は何も思い出せない。
唯一頭に浮かんできたのは、「クロノス・スパイラル」という意味不明の言葉だけだった…。

続き。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ぐんまちゃん家。 [ゆるキャラ]

3/12に、偶然発見したぐんまちゃん家で、偶然会えたぐんまちゃん。

続き。


散策。 [お出かけ]

観劇ついでに、散策してみました。

続き。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気になったものたち 16。 [つれづれ]

不思議ですねぇ、気になるものって、尽きないんですね…笑。

続き。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ふかくじ。 [ゆるキャラ]

バレンタインの頃、深谷市のキャラクター、ふっかちゃんが呟いていました。

続き。


これは…。 [おやつ]

見つけてしまいました。

続き。


メッセージを送る