So-net無料ブログ作成
検索選択

「髑髏城の七人 Season花」 [観劇]

劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season花
2017.3.30~2017.6.12 @ステージアラウンド東京
公式HPはこちら。
http://www.tbs.co.jp/stagearound/hanadokuro/
1.jpg


~STORY~公式HPより
時は天正十八年(1590)。
織田信長が死に、豊臣秀吉が天下を治めていたこの頃、
都から遠く離れた関東の村々は天魔王(成河)率いる関東髑髏党に荒らされていた。
この日も、とある村が髑髏党の鉄機兵たちに襲われていたところに傷だらけの沙霧(清野菜名)が飛び込んでくる。
彼女は、天魔王らの居城・髑髏城の抜け道が記された絵図面を持っていたために追われていたのだ。
と、そこに派手な身なりの傾奇者たち・関八州荒武者隊の面々が登場する。
先頭に立つのは、頭目の兵庫(青木崇高)だ。
しかし仲間の三五(河野まさと)の裏切りにより、みるみるうちに窮地に陥る荒武者隊。
そこへフラリと現れた着流し姿の男が、手にした大きな鉄煙管で鉄機兵を叩きのめす。
男は自らを捨之介(小栗旬)と名乗り、沙霧に傷の手当てをさせるため、
兵庫と共に関東一の色里“無界の里”へと向かう。
色里“無界”は宿場も兼ねているため人の出入りも賑やかで、
その中には何か事情を隠していそうな怪しげな牢人・狸穴二郎衛門(近藤芳正)らの姿もある。
この色里一と評判の極楽太夫(りょう)は、「沙霧をかくまってほしい」という兵庫らの頼みを快く引き受けてくれた。
その夜。
店の裏で再び沙霧は髑髏党に襲われそうになるが、捨之介と“無界の里”の主蘭兵衛(山本耕史)がそれを阻む。
そこに突然現れる、天魔王。
実は捨之介と蘭兵衛と天魔王の三人は、ある時期、共に時間を過ごした間柄だったのだ。
南蛮製の鎧と仮面を装着した天魔王には、捨之介の刀も蘭兵衛の短筒も歯が立たない。
しかしこの場は、狸穴二郎衛門が間に割って入ったことで難を逃れられた。
天魔王、そして髑髏党との戦いを覚悟した捨之介は山奥にこもる刀鍛冶・贋鉄斎(古田新太)を訪ねて、
無敵の鎧を叩き斬る刀、必殺の“斬鎧剣”を打ってほしいと頼み込む。
しかしその頃、蘭兵衛は単身で髑髏城へ行こうとしていた。
それに気づき、こっそりと後を追う沙霧。
捨之介、蘭兵衛、天魔王が抱える深い縁(えにし)とは……。
天魔王の謀略を、捨之介たちは阻止することができるのか……。ネタバレ含みます。

2017.5.5
初めてのステージアラウンド東京。
DSC_2054.JPG
DSC_2055.JPG
DSC_2059.JPG

市場前駅近辺には飲食店などがないので、開演前に豊洲をぶらりしてみたら、
跳ね橋が…。ゲートブリッジじゃないよね?
DSC_2053.JPG

前情報として、客席が回ること、終演時間が22時という情報あり。
ソワレだったので、終電との戦い。22:46発のゆりかもめに乗らなければアウト。
劇場キャパ約1300、ゆりかもめ定員約300で、半数くらいが市場駅に向かうと考え、
単純計算で2本待てば乗れるとはいえ、焦りながらの観劇。
結果的に、ゆりかもめがGW増発で予定よりも早い帰宅が可能だった。

今話題の豊洲。
市場前という駅ということは、きっとここに豊洲市場があるんだろうなぁ、と思っていたけど、
まだ移転前でGWということもあり、駅近辺は観客以外は閑散としている。


劇場構成は、入口と客席は1F、お手洗いが2F。
ロビーには、新感線お馴染みのレゴブロック作品。
DSC_2057.JPG
DSC_2058.JPG
客席への入口はABCDブロックごとの4か所。
休憩時、開演前に入場した入口からの出場と、客席への再入場は開演前と同じ場所ではないので注意。
90度移動してストップしていた。

開演してすぐ暗転時からまず回る 笑。
ちょっと圧力かかるけど動きは滑らかで、さほど気にならない。
が、前方の座席だったので、スクリーンを見ながらの回転は最終的に酔った…。

客席が回ることで、セットチェンジをしなくて済むんだろうなぁ、きっと。
だから、川(池?)があるセットが出来たり、雨を降らせたりできる。
演出の幅が広がると同時に、大変だろうな…。

ストーリーは過去の髑髏城で知っているが、多少変更されている。
特筆すべきは…古田新太さん演じる贋鉄斎。
ズルいっ! 笑。
刀(刃物)オタク、というかフェチ。
移動に自転車やローラーブレードを使うとは!
殺陣の時に、刀を落とすハプニングがあり、ローラーブレードで拾うのが大変そうだった。

小栗旬さん演じる捨之介の登場シーンの武器が鉄扇になっていた。
山本耕史さん演じる蘭兵衛の殺陣シーンでは、大河ドラマ「新撰組」の土方さんを思い出した。
青木崇高さん、カーテンコールでテンションが上がりすぎていたのか、
清野菜名さんと一緒にステージを駆け出し、一周して戻ってきた。
走っていたけど、戻ってくるまで結構時間がかかってた…広いんだね…。


今まで、再演の度に呼び方が「アカドクロ」だったり「ワカドクロ」だったりしていたけど、
今公演はきっと「花ドクロ」「鳥ドクロ」になるんだね。


終演後、駅へ向かう道からは東京タワーが見えました。
上手く写真が撮れなかったので、ゆりかもめの駅のガラス越しに。
DSC_2062.JPG
こどもの日だからか、カラフル。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る